【注意】Anker 747 Charger GanPrime 150Wを実際に利用して徹底レビュー!単ポートの最大出力は、140Wではなく100Wしか出ない!

【注意】Anker 747 Charger GanPrime 150Wを実際に利用して徹底レビュー!単ポートの最大出力は、140Wではなく100Wしか出ない!

ノートPCを充電する際に、すごく大きい充電器を利用して充電するのが嫌になってきて、いい充電器を探していたところ見つけたのが、今回紹介したい「Anker 747 Charger GanPrime 150W」です!

世界でもトップクラスのシャアを誇るモバイル充電器ブランド「Anker」の中でも、現時点で最高スペックとなっており、複数台のノートPCを充電することも可能です。

この記事では、Anker 747 Charger GanPrime 150Wを実際に利用して徹底レビューをしていきます!
これから購入を考えている方に向けて、最もお得に購入する方法など、購入前に知っておいてほしい情報が満載なので、ぜひ参考にしてみてください!

結論を先に行っておくと…

Anker 747 Charger GanPrime 150Wは、複数ポート利用時に合計150W出力に対応しており、他社と比べても10W多く使えるのが特徴的です。
しかし、単ポート利用時の最大出力が100Wとなっており、他社製品であれば140W出力が可能であるため、スペックの低さが気になります。

スタンダードノートPCを複数台同時に充電したい場合は、合計出力が高い「Anker 747 Charger GanPrime 150W」がおすすめですが、
ハイエンドノートPCの充電器で探している方は、単ポート出力が高い「CIO NovaPort TRIO 140W3C」がおすすめになります。

747 Charger GanPrime 150W
GOOD
全体的に高級感もあり質感は良い!
折り畳み式プラグなので、持ち運びに便利!
細部の作りこみは、さすがAnkerといったところ!
複数ポート利用時、最大150Wの高出力!
USB-Cを3ポート、USB-Aを1ポートとポート数が多い!
PowerIQ4.0で、複数ポート利用時に自動で電力を振り分けてくれる!
ActiveShieldにより、安心して利用することができる!
BAD
GaNPrimeのロゴがダサい
単ポートでも100W出力が最大。
発熱は気になるかも
4.2
目次

Anker 747 Charger GanPrime 150Wの特徴は?

Anker 747 Charger GenPrime 150Wは、2台のノートパソコンを高速で充電したり、最大4台のデバイスを同時に充電できる小型ながらにパワフルな充電器になっています。
USB-Cポートは、単一で100W出力ではあるものの、合計150Wまで充電可能なため、高速で複数台のデバイスを充電できるのが最大の特徴になっています。

また、Anker独自技術であるPowerIQ4.0を搭載しており、さらなる高出力はもちろん、電力の自動振り分けに対応しております。
これにより、どこのポートを使わないと高速充電されない。。みたいな心配がなくなります。

Anker 747 Charger GanPrime 150Wの特徴
  • 単ポート最大100W出力
  • USB-Cを3ポート搭載
  • USB-Aを1ポート搭載
  • GaNPrimeを採用
  • Anker独自技術PowerIQ4.0を搭載
  • Anker独自技術ActiveShieldを搭載

Anker 747 Charger GanPrime 150Wのスペック

まずは、Anker 747 Charger GanPrime 150Wのスペックから見ていきましょう!
やはり気になるのは、単ポート利用時の最大出力ですかね。このサイズで100Wは少々低い感じがしますね。

製品Anker 747 Charger GanPrime 150W
価格14,990円
カラーブラック
サイズ約6.1 x 6.8 x 3.1 cm
重さ約232 g
USB-Cポート3
(各ポート最大100W)
USB-Aポート1
(最大22.5W)
合計出力最大 150 W
ACコンセント
その他折り畳み式プラグ
Anker独自技術PowerIQ4.0を搭載
Anker独自技術ActiveShieldを搭載

Anker 747 Charger GanPrime 150W のデザイン

Anker 747 Charger GanPrime 150Wのデザインも見ておきましょう!
Anker製品の質感はすごい良くて、シルバー部分も高級感があるんですが、最近GaNPrimeシリーズにはGanPrimeロゴもついていて、これがダサいです。正直、Ankerのロゴだけでお願いしたいところですね。

デザイン・質感
9
サイズ・重さ
8
細部の作りこみ
9.5
GOOD
全体的に高級感もあって質感は良い!
折り畳み式プラグなので、持ち運びも便利!
さすがAnkerだけあって、細部の作りこみも良い!
BAD
GaNPrimeのロゴがダサい
最大出力のわりにはサイズが大きい
8.8

おすすめ度

パッケージ

CIOのパッケージは、いつもシンプルで無駄がない感じです!
個人的には、パープルの文字が好みだったりします!

全体

デザインは、スタイリッシュで洗練されていますね。
Ankerの充電器は、GanPrimeの文字が最近は入っていて、無駄な文字がダサく感じてしまうんですが、CIOはロゴだけなのが好印象です!

また、シボ加工が施されているので、プラスチックでも高級感があります!


Anker 747 Charger GanPrime 150W をレビュー

続いては、Anker 747 Charger GanPrime 150Wを実際に使用してレビューしていきます!

出力(単ポート・複数ポート利用時)
7
ポート数
9
機能性
9
メリット
複数ポート利用時は、合計最大150W出力
PowerIQ4.0を搭載しており、複数ポート利用時は、電力を自動振り分けしてくれる
Type-Cを3ポート搭載
Type-Aを1ポート搭載
ActiveShield機能により、発熱を適切に管理してくれる
デメリット
単ポート利用時は、最大100W出力
発熱が気になるかも
8.3

おすすめ度

単ポートの出力は、最大100Wで物足りない。複数ポート利用時は、

単ポート利用時は、最大100Wで他社の同クラス製品と比べると劣る性能になっています。(他社の場合、140Wが基準になると思います。)
100Wだと、通常のノートPCであれば、問題なく充電は可能ですが、16インチMacBook Proや、ゲーミングノートPCとなってくると充電は厳しくなってきます。

複数ポートを利用する場合は、Anker独自技術PowerIQ4.0が自動で電力を振り分けてくれます。
例えば、PCとスマホを充電している場合は、PCに100W、スマホに22.5Wという形で振り分けます。

自動で電力を振り分けるのには少し条件があり、C1ポートとA1ポートを使う場合に、合計24Wしか出力がなく、PCが充電できないなんてことが起こる可能性があります。(C2ポートにPCのマークがついているので、PCを充電するときはC2ポートと覚えておくといいかと思います。)
この辺の話は、振り分けの早見表をみて理解してもらえると良いかなと思います。

画像の上から順番にポート番号が、「A1,C1,C2,C3」と振られています。

合計〇〇Wと記載のある個所は、合計を最大にして自動で電力が割り振られます。

利用ポートC1C2C3A1Total
C1100W100W
C2100W100W
C3100W100W
A122.5W22.5W
2ポート(C+C)合計150W合計150W150W
2ポート(C1+A1)合計24W合計24W24W
2ポート(C2/3+A)ー(100W)100W22.5W122.5W
3ポート(C1+C2+C3)合計150W合計150W合計150W150W
3ポート(C1+C2/3+A1)合計122.5W合計122.5W合計122.5W122.5W
3ポート(C2+C3+A1)合計150W合計150W合計150W150W
4ポート合計150W合計150W合計150W合計150W150W
デバイスの充電に必要な出力(参考)
  • iPhone11シリーズ以前(急速充電):18W
  • iPhone12シリーズ以降・Androidスマホ(急速充電):20W
  • PPS対応のAndroidスマホ(Super Fast Charging対応):25W
  • MacBook Air・iPad・Nintendo Switch:30W
  • スタンダードWindowsノートPC:60W
  • 14インチMacBook Pro(M3):70W
  • 14インチMacBook Pro(M3 Pro、M3 Max):96W
  • ハイスペックWindowsノートPC:100W
  • 16インチMacBook Pro:140W

USB-Cが3ポートあり、USB-Aも1ポートあるので、これだけあれば問題ない!

Anker 747 Charger GanPrime 150Wは、USB-Cが3ポート、USB-Aが1ポートあります。
USB-Cが一般的になりつつありますが、まだまだUSB-Aも使われるので、USB-Aが1ポートあるのはありがたいですね。

これだけポートがあれば、1人分の充電は十分賄えるのではないかなと思います。
旅行などにもこれ一台でよさそうですね!

ActiveShieldで発熱のコントロールはあるが、発熱は覚悟が必要かも…

Anker 747 Charger GanPrime 150Wは、ActiveShieldというAnkerの独自技術を搭載しています。
温度を常に監視し、高負荷時に自動で電力調整を行う機能ですので、安心して利用できるようになっています。

しかし実際に利用していみても100W超えてくるとやはり結構熱くなります。
これは、AnkerだけではなくCIOなど他のブランドでもそうですが、ある程度覚悟はしておいたほうがいいかと思います。

ただし、さすがAnkerといったところなのかもしれませんが、発熱により故障したなどの口コミが非常に少ないので、安全性は高いのかなと思います。

Anker 747 Charger GanPrime 150Wの良いところ

Anker 747 Charger GanPrime 150Wのいいところをまとめておきます。
上記に挙げた以外にも、良いところはたくさんあります!

良いところ
  • 全体的に高級感もあって質感は良い!
  • 折り畳み式プラグなので、持ち運びにも便利!
  • さすがAnkerなだけあって、細部の作りこみも良い!
  • 複数ポート利用時、最大150Wという高出力が可能!
  • USB-Cを3ポート、USB-Aを1ポートとポート数が多い!
  • PowerIQ4.0で、複数ポート利用時に自動で電力を振り分けてくれる!
  • ActiveShieldにより、安心して利用することができる!

Anker 747 Charger GanPrime 150Wの残念なところ

残念だなと思ったポイントもまとめておきます。

残念なところ
  • GaNPrimeのロゴがダサい
  • 単ポートだと100W出力になってしまう(140W出力に対応していない)
  • 発熱は気になる

Anker 747 Charger GanPrime 150WのQ&A

Anker 747 Charger GanPrime 150Wを購入するにあたり、迷いそうな点をQ&Aで回答しています。
もし、同じ悩みがあれば、参考にしてみてください!

保証期間はどのくらいありますか?

通常保証が2年になっています。会員登録することで、延長保証が6か月追加になるので、最大で2年6か月の保証期間があります!

ケーブルは、なんでもいいですか?

Anker 747 Charger GanPrime 150Wは、単ポートで最大100Wの出力が可能です。
通常のケーブルでは、100Wは対応していないため、必ず100W以上対応のケーブルを購入しましょう。

例えば、同じAnkerであれば下記のようなケーブルが必要になります。

複数ノートPCを充電する方におすすめ!ハイエンドノートPCの充電には不向き。

Anker 747 Charger GanPrime 150Wは、複数ポート利用時の合計150W出力が魅力の充電器になっています。
なので、複数ノートPCを同時に充電したい方におすすめできる充電器になっています。

しかし、ハイエンドノートPCやゲーミングノートPCの充電器で探している方は、100Wだと物足りない可能性がありますので、その場合は、「CIO NovaPort TRIO 140W3C」を検討してみると良いかなと思います!

スマホのみの充電の場合には、オーバースペックなので、「Anker 735 Charger GaNPrime 65W」が良いかなと思います。

Anker 747 Charger GanPrime 150W を最もお得に購入する方法を紹介!

実際に利用しているお得に購入する方法は、「楽天のお買い物マラソン」と「Amazon アウトレット」です。
セール時でなくても利用できるため、欲しいときに買うことができるというメリットがあります!

もちろん、セールまで待てる場合は、セールを待つのも良いと思います!

過去の最安値

CIO NovaPort TRIO 140W3Cの過去1年間の最安値は、9,990 円でした!(この値段まで下がることは、滅多にないと思います。)
ポイントも含めて、11,990円より安く購入できれば、お得に購入できたと考えていいかと思います!

過去1年間の最安値9,990 円

楽天のお買い物マラソン(楽天スーパーセール)を利用する!

楽天を頻繁に利用している方には、毎月開催されている「お買い物マラソン」でポイント還元を受ける方法が一番おすすめです。
3月・6月・9月・12月(3の倍数月)は、楽天スーパーセールが開催されるので、よりお得になる可能性があります!

お買い物マラソンとは、楽天でキャンペーン期間中に、1,000円以上の商品を複数のショップで購入することで、購入ショップ数に応じてポイント倍率が増加するキャンペーンです!10店舗で購入することで最大10倍になります!

通常ポイント倍率も付与されるので、大体15倍〜20倍くらいのポイントがもらえます。
また、特定商品のポイント増倍みたいなキャンペーンが併用されることも多いので、高ポイント還元を狙うのが最もお得に購入する方法だと思います!

\ 楽天 お買い物マラソンはこちら! /

Amazon アウトレットが無いか確認してみる!

中古にあまり抵抗がない場合は、Amazonアウトレットを活用する方法もおすすめです!
Amazonアウトレットは、返品された商品や、倉庫内で梱包時に傷を負った商品のうち、状態の良いものがお手頃な価格で販売されています!(大体数千円安くなっていることが多いです!)

Amazonアウトレットは、「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」がありますが、「非常に良い」の商品が狙い目です。
今まで利用していて、「非常に良い」はハズレはなく、ほとんど新品と変わらず、数千円安く購入できました!

コンディション詳細
ほぼ新品梱包が開梱された形跡や、商品が使用された形跡はありません。外装はきれいで新品同様の状態です。
非常に良い梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
Amazon

Amazon.co.jpの厳密な基準で新品として販売しないものを「アウトレット品」としているため、他の中古と比べると安心感があるので、私はよく利用しています!
一応、中古ではあるため、中古に抵抗がない方であれば、ぜひ一度覗いてみると良いと思います!

\ Amazon アウトレットはこちら! /

次の最安値を見逃さないために、定期的にセールを確認しておこう!

Amazonだと「初売り」「新生活」「プライムデー」など大体3ヶ月置きに開催されています。
それ以外にも、不定期でセールは開催されているので、最安値に近いタイミングまで待つというのもありかなと思います!
(ただし、次にいつ最安値になるかはわかりません。1年後という可能性も十分にありえます。)

また、楽天、Amazon以外で、購入する場合は、詐欺サイトが多くなってきているので、注意してください。
(安すぎる場合は、詐欺であることが多いです。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次