Logicool MX ERGO と M575 の違いを徹底比較!コスパがいいのはERGO M575だが、良いものが欲しい方にはMX ERGOがおすすめ!

Logicool MX ERGO と M575 の違いを徹底比較!コスパがいいのはERGO M575だが、良いものが欲しい方にはMX ERGOがおすすめ!

トラックボールマウスを使ってみたいと思ったときに、候補に挙がるのが「Logicool MX ERGO」と「Logicool ERGO M575」ではないでしょうか?
どちらもLogicoolから発売されているものですが、MX ERGOはハイエンドモデルで、ERGO M575はエントリーモデルとなっております。

どちらを購入するか悩んでいる方に向けて、特徴や利点、スペックやデザイン、そして実際の使用感をもとに、MX ERGOとERGO M575の違いを徹底比較していきます!
購入前に必須の情報が満載なので、ぜひ参考にしてみてください!

結論を先に伝えておくと・・・

お金をあまり気にせず、とにかく良いトラックボールマウスが欲しいという方には、迷わず「MX ERGO」をお勧めします!!

そこまでお金をかけれない方や、コスパ重視の方は、「ERGO M575」をまずは購入して、慣れてから「MX ERGO」を購入してみるのがいいと思います!

MX ERGO
GOOD
エルゴノミクスデザインで持ちやすい
0°/20°で傾斜を変更できる
手首への負担が減る
省スペースで操作可能
USBレシーバーとBluetoothの両方で接続可能
マルチペアリングに対応
プレシジョンモードボタンが便利
BAD
USB-Type Cに対応していない
大きく思いので、持ち運びには不向き
静音ではないので、そこそこ音はする
高速ホイールがよかった
4.2
EROG M575
GOOD
エルゴノミクスデザインで持ちやすい
省スペースで操作可能
手首への負担が減る
USBレシーバーとBluetoothの両方で接続可能
単三電池で最大2年利用可能
お手頃にトラックボールを試せる
BAD
慣れるまで時間は必要
大きいので持ち運びには不向き
5ボタンとボタンは少なめ
静音ではないので、そこそこ音はする
トラックボールの滑りが少し悪い
ホイールが少し硬い
3.7

MX ERGO

ERGO M575

目次

MX ERGO と ERGO M575 のスペックの違い

まずは、MX ERGOとERGO M575のスペックの違いを見ていきましょう!

気になるところは赤線を引いていますが、特に気を付けてほしいのは、価格帯ですね。
MX ERGOは、ハイエンドモデルなだけあって1万円を超えてきます。
それに対して、ERGO M575は6,000円程で購入が可能になります。

細かい違いは、以降で確認していきますので、まずはこんな違いがあるんだなと思ってもらえればと思います!

製品MX ERGOERGO M575
価格16,940円6,050円
サイズ13.3 x 10.0 x 5.1 cm13.4 x 10.0 x 4.8 cm
重量259 g145 g
カラーグラファイトオフホワイト
グラファイト
ブラック
形状トラックボールトラックボール
接続方式Bluetooth
USBレシーバー
Bluetooth
USBレシーバー
電源方式内蔵充電式電池(500mAh)単三電池
読み取り方式光学式光学式
ボタン数85
スクロールホイール(チルトホイール)あり(チルトあり)あり(チルトなし)
DPI(解像度)512〜2,048dpi400~2,000dpi
ポーリングレート250 Hz250 Hz
その他プレシジョンモード
マルチペアリング対応(2台)

0°/20°の傾斜調整

MX ERGO とERGO M575 のデザインの違い

続いては、デザインの違いを見ていきましょう!

どちらもそこまで大きな違いはないですね。
とはいえ、実際に比べてみると、MX ERGOの方が高級感があります!(価格帯が違うので、当たり前ではありますが。。。)

全体

先ほどと同じですが、全体をみて大きな違いはないかなと思います。

MX ERGOは、0°/20°の傾斜調整ができますので、裏面が金属プレートになっています。
傾斜調整は、もう少し細かく調整できるならいいのですが、正直2択なら、20°固定でいい気もします。
(この角度が使いやすい!)

ERGO M575は、0°に少し傾斜が付いた形で少し使いずらい感じがします。(個人の好きな傾斜によります。)

この点は、MX ERGOに軍配が上がるかなと思います!

MX ERGO

Majestouch Convertible 2

ボタン・ホイール・トラックボール

ボタンに関しては、MX ERGOがチルトボタンとプレシジョンモードボタン分多くなっている形です。
チルトボタンは、あるに越したことはないと思うので、MX ERGOに軍配が上がるかなと思います。

ホイールは、どっちもどっちなのですが、どちらかというとMX ERGOの方が使いやすいです。
ERGO M575は、結構安っぽいホイールになっています。(MX ERGOも価格帯からするとスチールホイールなどを搭載してもらいたいところでしたが。)

トラックボールは、大きな違いはないかなと思います。

MX ERGOの方が、全体的な質はいいものの、1万円以上の違いがあるのかといわれると、なんとも言えないかなといったところですね。(ERGO M575のコスパが良すぎるというのも否めませんが。)

MX ERGO

20°

ERGO M575

MX ERGO と ERGO M575 を徹底比較

上記で色々紹介した違いをまとめつつ、もう少し詳しく比較していこうと思います!

電源の違いに注意!個人的には、ERGO M575の電池式がいい。

MX ERGOとERGO M575には、電源の違いがあります。

MX ERGOは、Micro USBで充電して動く形になります。
毎回充電するのは面倒なのと、Type-CではなくてMicro USBという点が残念ポイントではあります。
とはいえ、電池が切れても充電するだけなので、その辺のメリットはあるかなと思います。

ERGO M575は、単三電池で動く形になります。
単三電池さえあれば動くので、個人的には単三電池で動くほうが好みだったりします。

ボタン数に違いに注意!MX ERGOの8ボタンは最低限ほしいところ!

ERGO M575は、ホイールにチルト機能がないので、戻る・進むボタンが左クリックの横についている形になります。
これだけだと、PCをよく触る方だと少し物足りないかなと思います。

MX ERGOは、戻る・進むボタンに加えてチルト機能があるので、この辺は必要最低限を満たしていると思います。
プレシジョンモードボタンも追加でありますが、これはこのまま利用するので、特にボタン数の違いには関係ないですね。

マウスのボタンを多用しない方は気にしなくてもいいですが、ボタンは多い方がいい、チルトボタンは多用するという方は、MX ERGOを選択するのがいいと思います!

MX ERGOのプレシジョンモードが便利!

MX ERGOにのみ、プレシジョンモードがあります!
プレシジョンモードとは、トラックボールの上のボタンを押すことで、トラッキングの速度を変えることができる機能になっています。

Excelなどで細かい作業をすることがある方は、この機能の便利さを実感できると思います!
ERGO M575で細かい作業がしずらい。。と思っている方がいれば、ぜひERGO M575を試してもらいたいです!!

MX ERGOは、マルチペアリングに対応!2台PCを使う方に便利!

MX ERGOは、マルチペアリングに対応しています。
パソコンを1台しか持っていない方には、関係のない機能ではあるのですが、2台以上のパソコンを持っていたり、私用でも社用でも同じマウスを使いたいと思っている方には、MX ERGOがおすすめです!

MX ERGOは、傾斜調整が可能!20°が使いやすい!

MX ERGOは、0°/20°の傾斜調整が可能です!
正直、私は20°で固定してもらえれば、傾斜調整は不要ではあるのですが、人によって使いやすい傾斜が違いますので、個々に合わせて使える点は良い点かなと思います。

もう少し細かく傾斜を調整できると、すごく良いポイントになったと思うのですが、2択だと。。。あった方がいいけど。。。
という感じを抜けない気もします。

とはいえ、ERGO M575が0°に少し傾斜を付けた形になっているので、20°に設定できる点は、良いポイントです!

値段の違いに注意!1万円の差は本当にある?

値段と機能のコスパの良さという点でいくと、「ERGO M575」に軍配は上がるかなと思います。
1万円以上追加して、MX ERGOにするという点は特にないと思います。

MX ERGOは、コスパが高いわけではないですが、ERGO M575にはできない機能などを使いたい、ERGO M575にある程度慣れたので、長年使い続けるトラックボールマウスを購入したいと思っている方に、おすすめかなと思います。

MX ERGO と ERGO M575 の違いのまとめ

最後に改めて、違いをまとめておきます!
どちらも良いトラックボールではありますので、それぞれメリット・デメリットを理解したうえで、気に入った方を購入してみるといいかなと思います!

MX ERGO
GOOD
エルゴノミクスデザインで持ちやすい
0°/20°で傾斜を変更できる
手首への負担が減る
省スペースで操作可能
USBレシーバーとBluetoothの両方で接続可能
マルチペアリングに対応
プレシジョンモードボタンが便利
BAD
USB-Type Cに対応していない
大きく思いので、持ち運びには不向き
静音ではないので、そこそこ音はする
高速ホイールがよかった
4.2
EROG M575
GOOD
エルゴノミクスデザインで持ちやすい
省スペースで操作可能
手首への負担が減る
USBレシーバーとBluetoothの両方で接続可能
単三電池で最大2年利用可能
お手頃にトラックボールを試せる
BAD
慣れるまで時間は必要
大きいので持ち運びには不向き
5ボタンとボタンは少なめ
静音ではないので、そこそこ音はする
トラックボールの滑りが少し悪い
ホイールが少し硬い
3.7

どちらのトラックボールマウスも、詳細なレビュー記事がありますので、よければ参考にしてみてください!

MX ERGO

ERGO M575

結論:品質がいいのは、MX ERGO!!コスパが良いのは、ERGO M575!

お金をあまり気にせず、とにかく良いトラックボールマウスが欲しいという方には、迷わず「MX ERGO」をお勧めします!!

そこまでお金をかけれない方や、コスパ重視の方は、「ERGO M575」をまずは購入して、慣れてから「MX ERGO」を購入してみるのがいいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次