コンパクトパフォーマンスワイヤレスマウス「Logicool MX Anywhere 3S」の特徴や利点を徹底レビュー!最もお得に安く買うための購入方法を紹介!

コンパクトパフォーマンスワイヤレスマウス「Logicool MX Anywhere 3S」の特徴や利点を徹底レビュー!最もお得に安く買うための購入方法を紹介!

「Logicool MX Anywhere 3S」は、コンパクトなハイエンドパフォーマンスワイヤレスマウスとして、クリエイターなどプロに人気のワイヤレスマウスです。
その特徴や利点を、スペックやデザイン、そして実際の使用感をもとに、徹底的にレビューしていきます!

これから購入することを考えている方に向けて、最もお得に購入するための方法も紹介します。
購入前に必須の情報が満載なので、ぜひ参考にしてみてください!

MX Anywhere 3S
GOOD
デザインが洗練されている
質感に高級感がある
持ち運びにもちょうどいいサイズ
静音なので静か
トラッキング精度が高い
高速ホイールが便利
USB-Cで高速充電が可能
マルチデバイスに対応
Logi Options+でボタンをカスタマイズ可能
BAD
お値段はお高め
Logi Boltが必要な場合は、別売りのUSBレシーバーが必要
静音性能が物足りない
スクロールに若干癖あり
4.7
目次

MX Anywhere 3S のスペック

まずは、MX Anywhere 3Sのスペックから見ていきましょう!

定価が13,870円とお高く、ハイエンドマウスに位置します。
サイズは少し小さめなんですが、必要な機能は十分に詰め込まれています。

製品Majestouch Convertible 3
価格13,970円
サイズ10.1 x 6.5 x 3.4 cm
重量99 g
カラーグラファイト
ペールグレー
形状標準
接続方式Bluetooth
USBレシーバー(別売り)
電源方式充電式リチウムポリマー電池(内蔵)
読み取り方式光学式
ボタン数6
スクロールホイール(チルトホイール)あり(チルトなし)
※水平スクロール:サイドボタンを押してスクロール
DPI(解像度)200 ~ 8000 DPI(50 DPI刻みで設定可能)
ポーリングレート125 hz
その他マルチデバイス(3台)
Logi Options+
静音

MX Anywhere 3S のデザイン

デザインは、高級感もあり、洗練されているのですごくかっこいいと思います!
個人的には、かなり好みです!

本体
10
ホイール
10
細部の作りこみ
9
GOOD
デザインが洗練されている
質感に高級感がある
持ち運びにもちょうどいいサイズ
BAD
特になし
9.7

おすすめ度

パッケージ・付属品

パッケージには、そこまで高級感はないですね。
よくあるLogicoolのパッケージです。

全体

マウス本体は、デザインも洗練されていて、パーツの質感も高級感があってかっこいいですね!
ここまで高級感のあるマウスは、あまり見かけないです。

ホイール

やはり一番目立っているのが、このホイールですよね!
これだけで高級感がすごく出てますし、金属感がたまらないです。

ホイールのブレも少ないので、クリックしやすくなっています。(これが地味にありがたい。)

ボタン

ボタンは、サイドに2つあります。このボタンは可もなく、不可もなくという感じですかね。
上にあるボタンは、ホイールのモードを切り替えるボタンです。

背面には、電源スイッチとマルチデバイス切り替えボタンが配置されています。
デバイス切り替えボタンは、横か上が良かった。。。

充電

充電は、前方にありType-Cになっています。当たり前ですが、Type-Cはありがたい!(Appleも早く。。。)


MX Anywhere 3S をレビュー

続いては、MX Anywhere 3Sを実際に使用してレビューしていきます!

接続性
10
操作性
8
機能性
10
静音性・クリック感
8
メリット
静音なので静か
トラッキング精度が高い
高速ホイールが便利
USB-Cで高速充電が可能
マルチデバイスに対応
Logi Options+でボタンをカスタマイズ可能
デメリット
Logi Boltが必要な場合は、別売りのUSBレシーバーが必要
静音性能が物足りない
スクロールに若干癖あり
電池で動かないのがいまいち
9

おすすめ度

接続性は、問題ない。USBレシーバーを使いたい場合は、別売り。

Bluetoothの接続ですが、接続が切れたりなどの心配はありませんでした。
さすがにこの価格帯だと、安定していますね!

Mx Anywhere 3Sは、別売りのLogi Boltを利用することでUSBレシーバーで接続することも可能です。
Logi Boltを使えば、接続はさらに安定しますので、ノイズが多い環境で作業している方はこちらも検討するといいかもしれません。(そんな環境で作業している人は、かなり限られると思いますが。。。)

Logi Boltでいえば、対応キーボードと同じレシーバーで接続できたりもするので、1つ持っていると便利かもしれません!

操作性は、基本問題なし。高速ホイールが便利ではあるが、少し癖はあるかも。

クリックや各ボタンに関しては、よくある標準マウスと同じなので、違和感なく利用できると思います。
ボタン1つ1つの作りこみは、良いので満足できる品質です!

Mx Anywhere 3Sの特徴といえば、MAGSPEEDホイールです。
このホイールは、高速モードとラチェットモード(1行毎のスクロール)の2種類のモードを使い分けて利用します。

モードは手動でも切り替えますが、ラチェットモード時に強く回すと高速モードに自動で切り替わるようになっています。
力の強さを間違えると高速スクロールしてしまうことがたまにあるので、注意が必要です。

高速スクロールは、結構便利なので力加減さえ覚えれば、かなり役に立ちますよ!!

基本的にほしい機能は、すべて詰め込まれている。電池で動くとよりいいが。

基本的にほしい機能はすべて詰め込まれています。
ゲーミングマウスではないので、マウスに求めることはあまりないのですが。。。。

個人的には、PCを多く持っているので、マルチデバイスは必須ですね!!

外でも使いたいと思ってるので、トラッキング精度が高いのもいいです!
DPIも200~8000まで変更できますが、ゲーミングマウスでもないですし、使いこなす人は少なそうですね。

USB-Cは当たり前ですが、高速充電も対応なのでありがたいですね。

  • トラッキング精度が高い
  • USB-Cで高速充電が可能
  • マルチデバイスに対応
  • DPIを50 DPI刻みで変更可能
  • Logi Options+でボタンをカスタマイズ可能

ハイエンドマウスの場合は、充電式がほとんどですが、せっかくワイヤレスなのに有線で充電しないといけないのが、いやですね。
個人的には、電池でも動くようにしてもらいたいところではあります。

静音性は、少し物足りない。クリック感は、しっかりある。

Mx Anywhere 3Sは、静音となっておりますが、静音性はそこまで高くはない代わりに、クリック感はしっかりあります。
クリック音は、コツッっといった感じで、高音が削られて低音が鳴るような感じです。

静音性が高いマウスが欲しい方には、静音性は足りないかもしれませんが、クリック感がしっかりほしい方にはおすすめです!
高音は抑えられているので、外で使っても迷惑な音はならないと思います。

MX Anywhere 3S の良いところ

MX Anywhere 3S のいいところをまとめておきます!
デザインは高級感がありながら、機能もハイエンドなので、お値段に見合った価値はあると思います!

良いところ
  • デザインが洗練されている
  • 質感に高級感がある
  • 大きすぎず、ちょうどいいサイズ
  • 静音なので静か
  • トラッキング精度が高い
  • 高速ホイールが便利
  • USB-Cで高速充電が可能
  • マルチデバイスに対応
  • Logi Options+でボタンをカスタマイズ可能

MX Anywhere 3S の残念なところ

残念だなと思ったポイントもまとめておきます。

お値段はお高めではありますが、使えば納得はできるかと思います。
静音性能は、M750など下位モデルのマウスの静音性が高いだけに少し残念ではありますね。今後に期待です。

残念なところ
  • お値段はお高め
  • Logi Boltが必要な場合は、別売りのUSBレシーバーが必要
  • 静音性能が物足りない
  • スクロールに若干癖あり

MX Anywhere 3S のQ&A

MX Anywhere 3Sを購入するにあたり、迷いそうな点をQ&Aで回答しています。
もし、同じ悩みがあれば、参考にしてみてください!

MX Anywhere 3SとMX Anywhere 3の違いは?

MX Anywhere 3Sは、MX Anywhere 3の後継機になります。
こちらに、比較記事がありますので、参考にしてみてください!

MX1800GRとMX1800PGの違いは?

GRとPGは、色の違いになります。

  • GR:グラファイト(ブラックに近い色)
  • PG:ペールグレー(ホワイトに近い色)

MX Anywhere 3S を最もお得に購入する方法を紹介!

実際に利用しているお得に購入する方法は、「楽天のお買い物マラソン」と「Amazon アウトレット」です。
セール時でなくても利用できるため、欲しいときに買うことができるというメリットがあります!

もちろん、セールまで待てる場合は、セールを待つのも良いと思います!

過去の最安値

Logicool G G913 TKLの過去1年間の最安値は、12,700 円でした!
ポイントも含めて、最安値より安く購入できることを、お得に購入するという定義にしています。

過去1年間の最安値12,700 円

楽天のお買い物マラソン(楽天スーパーセール)を利用する!

楽天を頻繁に利用している方には、毎月開催されている「お買い物マラソン」でポイント還元を受ける方法が一番おすすめです。
3月・6月・9月・12月(3の倍数月)は、楽天スーパーセールが開催されるので、よりお得になる可能性があります!

お買い物マラソンとは、楽天でキャンペーン期間中に、1,000円以上の商品を複数のショップで購入することで、購入ショップ数に応じてポイント倍率が増加するキャンペーンです!10店舗で購入することで最大10倍になります!

通常ポイント倍率も付与されるので、大体15倍〜20倍くらいのポイントがもらえます。
また、特定商品のポイント増倍みたいなキャンペーンが併用されることも多いので、高ポイント還元を狙うのが最もお得に購入する方法だと思います!

\ 楽天 お買い物マラソンはこちら! /

Amazon アウトレットが無いか確認してみる!

中古にあまり抵抗がない場合は、Amazonアウトレットを活用する方法もおすすめです!
Amazonアウトレットは、返品された商品や、倉庫内で梱包時に傷を負った商品のうち、状態の良いものがお手頃な価格で販売されています!(大体数千円安くなっていることが多いです!)

Amazonアウトレットは、「ほぼ新品」「非常に良い」「良い」「可」がありますが、「非常に良い」の商品が狙い目です。
今まで利用していて、「非常に良い」はハズレはなく、ほとんど新品と変わらず、数千円安く購入できました!

コンディション詳細
ほぼ新品梱包が開梱された形跡や、商品が使用された形跡はありません。外装はきれいで新品同様の状態です。
非常に良い梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
Amazon

Amazon.co.jpの厳密な基準で新品として販売しないものを「アウトレット品」としているため、他の中古と比べると安心感があるので、私はよく利用しています!
一応、中古ではあるため、中古に抵抗がない方であれば、ぜひ一度覗いてみると良いと思います!

\ Amazon アウトレットはこちら! /

次の最安値を見逃さないために、定期的にセールを確認しておこう!

Amazonだと「初売り」「新生活」「プライムデー」など大体3ヶ月置きに開催されています。
それ以外にも、不定期でセールは開催されているので、最安値に近いタイミングまで待つというのもありかなと思います!
(ただし、次にいつ最安値になるかはわかりません。1年後という可能性も十分にありえます。)

また、楽天、Amazon以外で、購入する場合は、詐欺サイトが多くなってきているので、注意してください。
(安すぎる場合は、詐欺であることが多いです。)

静音のハイエンドマウスが欲しいならこれ!持ち運びにも便利!

MX Anywhere 3Sは、静音のハイエンドマウスをお探しの方や、持ち運びをよくする方におすすめです。
また、部屋で使うだけの場合においても、下手なゲーミングマウスを使うより、よっぽど使いやすいと思います!

スクロールに若干癖はありますが、万人受けする形状で、だれが使っても納得できるハイエンドマウスになっています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次